コース

コース

 

11月11日(土)【東南コース】 (40km・20km・10km・5km)

古き良き加古川の歴史を感じることのできるコースです。40kmコースでは稲美町・播磨町へも足を延ばします。

1.平木橋

e1

石とレンガを組み合わせた珍しい水路橋です。神戸市北区の淡河川と山田川から農業用水を引く疎水事業の一環として建造され、平成21年に東播磨南北道建設のために現在の場所に移築されました。近代土木遺産として歴史的な価値が高いことから、加古川市指定文化財となっています。レンガ造りのお洒落なアーチ橋と一緒に記念撮影はいかが?

  • 40km
  • 20km

2.天満大池

e2

満水面積34.6万m²と兵庫県下2番目に大きなため池です。また、県下で最も古いため池といわれており、平成22年に農林水産省のため池百選に選ばれました。絶滅危惧種に指定されている「あさざ」が自生しています。見つかればラッキー!

  • 40km
  • 20km
  • 稲美町

3.大中遺跡

e3

弥生時代後期から古墳時代初期にかけての集落跡です。約44,000m²にも及ぶ面積に、多くの居住跡が残されている大規模な国指定の史跡です。播磨町のマスコットキャラクター「いせきくん」と「やよいちゃん」にも会えますよ(*^_^*)

  • 40km
  • 播磨町

4.浜の宮公園

e4

昔の加古の松原で、市の木「黒松」が群生する公園です。市民の憩いの場となっています。『浜って元気鍋(豚汁)』のサービスがあります。歩いて疲れた体に温かい豚汁は美味しいこと間違いなし!

  • 40km
  • 20km
  • 10km

5.鶴林寺

e5

聖徳太子が建立したとされ、数多くの国宝・重要文化財が残されています。寺宝200余点を蔵し播磨の法隆寺といわれています。ツーデーマーチ当日(11日のみ)には、「関西文化の日」参加企画として、鶴林寺の入山・宝物館拝観が無料となります。この機会にぜひ覗いてみてください♪
【宝物館】「秋の特別展」~忘れてはならない戦争の記憶~
【旧宝物館南棟】「第三回 鶴林寺三か院秘宝展」

  • 40km
  • 20km
  • 10km

 

11月12日(日)【西北コース】 (40km・20km・10km・5km)

豊かな自然を感じることのできるコースです。加古川市の由縁である『加古川』をたっぷり堪能できます。

1.加古川大堰

w1

一級河川「加古川」は兵庫県下最大の川で、11市3町をうるおしています。大堰は長さ422.5mで、治水と水需要の対処のため、9年の歳月を経て平成元年に完成しました。大堰上流の漕艇センターでは各種行事が行われています。市民が気軽にボート競技を楽しめる『加古川市民レガッタ』は毎年7月に開催し、ボート競技を楽しむ市民だけでなくバーベキューを楽しむ応援の家族や友人たちの交流の場として夏の風物詩となっています。大堰から望む加古川は圧巻です!

  • 40km

2.みとろフルーツパーク

w2

熱帯果樹と観葉植物が約3,800本!年中南国気分が味わえるクリスタルアーチ(ガラス温室)や、明石海峡大橋まで見渡せる展望台などがあります。展望台からは加古川の景色が一望できます♪

  • 40km

3.ウェルネスパーク

w3

ウェルネスセンター、音楽ホール、図書館などを備えた複合健康文化施設です。ピクニックや森林浴など市民の憩いの場として親しまれています。『元祖まちこん鍋(豚汁)』のサービスがあります。広場でわいわい食べる豚汁は格別です!

  • 40km
  • 20km

4.平荘湖

e2

東播磨工業地帯の工業用水の安定供給を目的として建設された人造湖です。湖面にはひょうたん型の島が浮かび周辺は自然景観の美しいところです。湖の畔を歩くのは気持ちいいですよ(*^_^*)

  • 20km

5.水管橋

w5

直径1.2m、全長426mの送水管2条を渡している工業用水管の橋です。1日に約2万トンを排水しています。上は歩道橋で自転車・歩行者が通行できます。清流が美しい加古川の景観の中で、鮮やかなセルリアンブルーのアーチをしたこの橋は独特の存在感があります。河川敷から見る水管橋、水管橋から見る加古川、どちらも見ていただきたい美観ポイントです!

  • 20km
  • 10km